ken

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍「蛇行する川のほとり 2」(著者:恩田陸)を読んで

<<   作成日時 : 2006/01/31 07:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「蛇行する川のほとり 2」 著者:恩田陸 (中央公論新社)

第1巻に引き続いて読みましたが、第1巻と同じ出だしで始まりました。
第1巻は《毬子》が主人公で話が進みましたが、第2巻は主人公が《芳野》に変わりました。

第1巻の最後で衝撃を受けた《毬子》はこの巻では立ち直れず、毬子の先輩である《芳野》の視点で話が進んでいきます。
《毬子》の突然の不調により、何か危険な雰囲気を察知する《芳野》が今何が起きているのか?何が起きようとしているのか?を探る様に話が進みます。
また、《芳野》自信も過去に起きた事件について何かを知っており、その出来事について怯えながら過ごしていた時に”事件”が起こることに...

読んだ感想としては、第1巻《毬子》の少し少女っぽい文章から、クールで少し大人の雰囲気を持つ《芳野》の文章に変わったように感じました。
だんだんと明らかになる事実にわくわくさせられました。
第3巻が待ち遠しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書籍「蛇行する川のほとり 2」(著者:恩田陸)を読んで ken/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる