ken

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍「星々の舟」を読んで

<<   作成日時 : 2006/02/15 07:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

「星々の舟」 著者:村山由佳(文藝春秋) 2003年3月初版発刊

天使の卵などで有名な村山由佳さんの直木賞を受賞した作品です。
天使の卵や天使の梯子などを以前読んだことがあり、最近村山さんの作品をよく読むようになり、今回この作品を読んでみました。

それぞれに悩みを持つ家族がお互いの思いやりを忘れずに過ごしている様子を物語にした作品でした。
家族の一員であった志津子が亡くなったことにより、物語が始まります。
家族それぞれの視点や抱えている悩みなどが展開していきます。
抱えている悩みに押しつぶされそうになるそれぞれが”家族”の存在に勇気づけられ立ち直るきっかけをつかんでいく様子が何か心温まる感じを受けます。
全体的に重苦しい雰囲気で進んでいきますので、読んでいて疲れる所はありますが、読んだ後に味わった充実感は価値があったように思えます。
文章も読みやすいことが定評な村山さんの作品ですので、是非読んでみられたら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書籍「星々の舟」を読んで ken/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる